Pocket

「パラレルワーク」という言葉をご存知でしょうか?

 

 

パラレルワークとは、同時並行でビジネスをすることを意味する言葉ですが、「複数の収入源を持ち、一つのビジネスに依存しない働き方」ということです。

 

 

近年、こういった働き方が注目を集めています。今回は、パラレルワークとは具体的にどのような働き方なのか、またメリットやデメリットは何なのかをご説明します。

 

パラレルワークの詳細を知ることで、新たな収入源を持つための第一歩をあなたも独立・起業の道を踏み出せるかもしれません。意外と知られていない、本当の意味での「パラレルワーク」についてご紹介します。

 

 

副業とは違う?

 

「複数」のビジネスを持つというと、すぐに「副業」を思い浮かべる人もいるかもしれません。
しかし、本当の意味での「パラレルワーク」とは必ずしも「副業」を持つことを意味しません。むしろどちらかといえば、「複数の本業」に同時並行で携わる、というニュアンスが強いです。

 

特に、独立コンサルタントの方はプロジェクトを掛け持ちして同時並行に業務進行し、どちらのコンサル案件にも優劣はつけずに取り組まれる方もいらっしゃいます。

 

 

パラレルワークと副業の違い

 

人によっては「複業」などという表現をしている場合もあるので、言葉としてはこちらのほうがしっくり来るかもしれません。
「副業」というと、その前提となる「本業」からの収入を補うものというイメージがあると思いますが、パラレルワークとは、あくまでも「複数の収入源」を持つということなので、どのビジネスがメインでどれがサブなのかという区別は付けられないのです。

 

 

会社員が副業をしている場合は、あくまでも会社からの収入がメインなので、たとえ副業からの収入の方が多かったとしてもなかなか会社を辞めたりはできないものです。しかしパラレルワークの場合は、思うように収入が得られないビジネスは辞めてしまって、より多くの収入を得られるビジネスに特化していけばいいということになります。収入を増やしたい独立コンサルタントにとって収入次第でコンサル案件を選択できるのは普通のサラリーマンにはない働き方です。

 

これだけ聞くと、好きなビジネスや儲かるビジネスを選んで生きていくなんて、そんなにうまくいくものだろうか…と思うかもしれません。

 

ここからは、パラレルワークのメリット・デメリット、そしてパラレルワークをうまく軌道に乗せる方法について詳しく書かれたサイトをご紹介します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA