ITニュース

ハードディスクの健康状態を確認する方法

投稿日:

Pocket

ハードディスクの健康状態を確認する方法・これからの季節パソコン管理に注意

 

プライベートパソコン教室主宰の中城です。

 

ハードディスクは長く使っていると必ず寿命が来ます。ハードディスクが悪くなると「カコカコ音がする」「Windowsが起動しない」「ブルースクリーンが表示される」「パソコンの起動や動作が遅い」などの減少が現れはじめます。

 

パソコンの部品の中でもハードディスクは最も動作しているデバイスです。ハードディスク内部は数分間で何千回転という速度で動いています。その寿命は必ず訪れます。ハードディスクの平均寿命は4~5年です。

 

バックアップが重要と言われているのは、ハードディスクの寿命が必ず訪れるからです。パソコンが故障する原因の6割はハードディスクです。

 

ハードディスクの健康状態を確認する方法・(ハードディスクの健康状態を確認するツール)

 

CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)は、ハードディスクの健康状態を、「正常」「注意」「異常」の3段階で評価し、現在の温度も表示されるため、ドライブ交換時期の参考になります。

 

クリスタル

 

型番や容量、バッファーサイズと言った基本情報に加えて、電源投入回数や使用時間、温度などの情報を一覧で確認することもできます。

 

タスクトレイに常駐させておけば、ドライブの温度をタスクトレイアイコンとして表示すると共に、ドライブの温度がしきい値を超えた場合や、健康状態に変化があった時に、警告をポップアップ表示してくれます。

 

ハードディスクの寿命を知らせるサインとして非常に便利ですので導入されてみては如何でしょうか?

 

-ITニュース
-,

Copyright© プライベートパソコン教室 , 2017 AllRights Reserved.