パソコン操作

パソコントラブル時の対処方法

投稿日:

Pocket

Shiftキーを押しながら再起動

 

パソコンに不具合があるとき、再起動するだけで問題が解決することがあります。

その理由は、再起動することで、RAMを一度綺麗にして、起動中のプロセスを終了させることができるからです。

その結果、原因不明の不具合も修復できる場合があります。

それでも不具合が改善されない場合、高速スタートアップ機能を一時的に無効にした状態で、パソコンを完全にシャットダウンします。

 

高速スタートアップ機能について

 

Windows10が搭載されたパソコンに不具合が発生したとき、シャットダウンしてから電源を入れ直しても、あまり効果がありません。

その理由は、Windows10では、[高速スタートアップ]機能が初期設定で「有効」になっているからです。

[高速スタートアップ]機能とは、パソコンの起動を速くするために、シャットダウン時にメモリやCPUなどの状態を保存しておく機能のことです。

 

パソコンの[電源]ボタンを押して起動するまでの流れ

1・[電源]ボタンを押します。

2・BIOSが読み込まれます。

3・ドライバーの読み込みと初期化が始まります。

4・ユーザ情報の読み込みが始まります。

5・起動完了

 

この中で、最も時間のかかる作業が「ドライバーの読み込みと初期化」です。

この時間を短縮するための機能が[高速スタートアップ]です。

[高速スタートアップ]機能が「有効」になっていると、時間のかかる「ドライバーの読み込みと初期化」を、

起動時ではなくパソコンの電源を切る時に保存し、次に起動するときに読み込みます。

たとえば、仕事が終わって退社するとき、次の日に必要な書類を、机の上に準備してから退社することで、

翌日の仕事に取り掛かりしやすくなるイメージです。

この機能のおかげでWindowsの起動速度は格段に速くなります。

 

高速スタートアップ機能の問題点

 

[高速スタートアップ]機能はとても便利な機能です。

しかし良い状態も悪い状態も引き継がれるため、不具合のあるパソコンをシャットダウンしても、トラブルは何も解決しません。

万が一不具合が発生した場合は、[高速スタートアップ]機能を「無効」にして、完全にシャットダウンする必要があります。

 

完全にシャットダウン(システム終了)する方法

1・[スタート]ボタンをクリックします。

2・[電源]ボタンをクリックします。

3・[Shift]キーを押しながら[再起動]をクリックします。

4・[オプションの選択画面]が表示されます。

5・[PCの電源を切る]をクリックします。

6・[高速スタートアップ]機能が一時的に「無効」になり、パソコンが完全にシャットダウンします。

 

pctoraburu1

 

pctoraburu2

 

起動するときは、いつも同じように[電源]ボタンを押します。

完全シャットダウンとなるため、1回目の起動は普段の起動時より少し時間がかかりますが、2回目以降はいつも同じように起動することができます。

パソコンのトラブル時など、よろしければお試しください。

-パソコン操作

Copyright© プライベートパソコン教室 , 2018 AllRights Reserved.